前へ
次へ

なるべく高く着物買取してもらうポイント

近頃は若い人や海外の人から着物人気が高まり、着物買取でも値段がつきやすくなっています。
化繊やポリエステルのものでも買い取ってくれる着物買取業者もたくさんありますが、やはりそこまで高値が付くことはありません。
でももし家に価値のあるアイテムがあったら、なるべく高く着物買取してもらえるポイントを抑えて上手に査定してもらいましょう。
まず、高く着物買取してもらえるのは新しいものです。
新しいと言ってもいろいろあり、発売されてすぐのものはもちろん、使用感がないという意味で新しいものも高値がつきやすいです。
発売されて10年以内のアイテムは、買い逃した人や中古で安く買いたい人に需要があります。
それにタンスの中でしまい込まれていたと言ってもたかだか10年くらいなら傷みもひどくなく、状態のいいことも多いでしょう。
未使用のものも同じ理由で高く売れます。
ただし、未使用だと分かるようにしておくことがポイントです。
仕付け糸がついたままならそのままで、薄紙もそのままにします。
発売から10年以内のものの中でも高く売れやすいのは、作家ものやブランド品です。
有名な作家の作品はコレクターもいて、全部新品で買うと高いから中古で集めている、などという人もいます。
この場合も証紙はきちんと探しておき、査定の際に一緒に出すのがポイントです。
こういった着物は正絹などのいい生地のことがほとんどですが、中には最近の若者向けファッションデザイナーがポリエステルの生地の着物を出したりしています。
目の肥えた人だと「ポリエステルだから価値が低い」と判断しがちですが、きちんと確認しておくほうがいいでしょう。
もちろん、着物に汚れやカビ、強い臭いなどがないほうが高値がつきます。
しかし汚れがあったらあったで着物買取してくれることも多いので、慌てて家でシミ抜きをしてはいけません。
着物買取業者の査定の際、「ここにこれくらいの大きさの汚れがあるが、どれくらいマイナスになるか」と相談してみるのもいいかもしれません。

Page Top